料金プラン

サイプラスワンの塗装工事における3つの料金プランをご紹介

どんな塗料が適している?どのくらい費用が掛かる?どんなプランがいいの?
サイプラスワンでは、お客様の悩み・不安を分かりやすくプランごとに分けて解消します。まずは人気の3プランをご覧ください!

プラン詳細

外壁用塗料

屋根用塗料

PLAN 1ラジカル スタンダード

参考価格

40.5

(税別)万円

※ 2階建て戸建(外壁150㎡、屋根50㎡の場合)の金額

次回塗替え目安

10年〜15

従来塗料より耐用年数に優れ、近年戸建てで主流になってきています。費用を抑えたい方におすすめです。

※参考価格・耐用年数はあくまで目安です。
下地状態・塗装内容、現場の状況などにより異なります。

プレミアムシリコン

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

架橋による緻密かつ強靭な塗膜はトリプルガード効果により、超耐久性、超耐候性を示すとともに耐水性、耐アルカリ性、耐薬品性に優れています。さらに、汎用塗料と比較して汚れにくい塗膜構造となっています。

耐久年数 14~16年
樹脂の種類 シリコン
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

1,900円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

プレミアムルーフSi

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

紫外線(UV)や水、熱等の劣化要因から屋根材を保護し、優れた耐候性を示します。
また、かびや藻等の微生物汚染に対して強い抵抗性を示し、長期に亘り衛生的な環境を維持します。

耐久年数 7~9年
樹脂の種類 シリコン
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

2,900円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

PLAN 2遮熱 スタンダード

参考価格

49

(税別)万円

※ 2階建て戸建(外壁150㎡、屋根50㎡の場合)の金額

次回塗替え目安

12年〜15

年々気温も高くなっていますので、建物の熱を守ることは大切です。日当たりに強い塗料としておすすめです。

※参考価格・耐用年数はあくまで目安です。
下地状態・塗装内容、現場の状況などにより異なります。

シリコンREVO1000

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

オススメ!建物を長く守るために必要な「耐候性」「遮熱性」「低汚染性」の性能をバランス良く兼ね備えた万能の外壁用塗料。

耐久年数 13~16年
樹脂の種類 シリコン
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

2,200円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

スーパーシャネツサーモSi

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

オススメ!特殊無機顔料の使用により高い遮熱性を実現。色あせしにくく、美観を長期間保持する、高機能の屋根用シリコン樹脂塗料です。

耐久年数 13~16年
樹脂の種類 シリコン
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

3,200円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

PLAN 3超低汚染 遮熱

参考価格

59

(税別)万円

※ 2階建て戸建(外壁150㎡、屋根50㎡の場合)の金額

次回塗替え目安

15年〜18

外壁が汚れやいお家の方にはおすすめです。

※参考価格・耐用年数はあくまで目安です。
下地状態・塗装内容、現場の状況などにより異なります。

超低汚染リファイン1000Si-IR

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

建物の美観を保持する「美観保持機能」に優れた外壁用塗料。
2液型シリコン樹脂の採用により、高い耐候性を持ち合わせます。

耐久年数 15~18年
樹脂の種類 シリコン
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

2,700円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

スーパーシャネツサーモF

  • 高耐候性
  • 遮熱性
  • 超低汚染性

従来のフッ素樹脂塗料をしのぐ最高ランクの耐候性。
優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料です。

耐久年数 16~20年
樹脂の種類 フッ素
色持ち

塗膜寿命

汚れにくさ

遮熱性

価格目安

価格

3,700円(税別)

※ 1㎡あたりの金額

※こちらのプラン以外にもお客様により合ったプランをご紹介することができますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

各種性能について塗料の用語解説

  • 高耐候性塗料

    期待耐用年数が高い塗料は「高耐候性塗料」と呼ばれます。目安としては15年以上です。
    なお、期待耐用年数とは塗膜表面のツヤ持ちの基準となります。ツヤもちだけの基準であるため、低汚染性とは全く別の性能となります。
    また、あくまで試験機内で算出された目安に過ぎないため、方角や地域によって劣化のスピードは異なることを念頭に、理想よりやや長めの年数のものを選ぶことをおすすめしております。

  • 遮熱性塗料

    遮熱性をもつ塗料は、塗膜表面に熱をため込みにくいという特性があります。それによって、建物自体を熱劣化から守ってくれます。
    また、それだけではなく、塗膜自体が蓄熱して劣化が促進されるのを防いでくれる性能でもあります。遮熱性は、塗膜表面が汚れてしまうと低下してしまうため、この性能にプラスして高い低汚染性をもつ塗料は、「遮熱保持」に優れた塗料と言えます。

  • 超低汚染性塗料

    塗膜表面の汚れにくさのことを低汚染性と呼びます。せっかくの塗り替えなので、ここはこだわる価値のある性能です。
    近年では最もグレードが低い塗料のカタログにも、「低汚染性」の表記があるため、その基準がわかりにくくなっています。
    そこで弊社では数多くの低汚染性塗料と比較し、選りすぐりの「超低汚染性」をもつ塗料を紹介しております。

ご不明な点等がございましたらお気軽にご連絡ください

048-458-3833

受付時間9:00~18:00(年中無休)

お問い合わせフォーム